EDの意外な原因とは?

かつて、勃起不全のことをインポテンツ、もしくはインポと呼んでいました。
これは、男性としての存在を否定する意味もこめられていたため、現在ではEDという呼称で語られることがほとんどです。
つまり、なんらかの原因で誰でもおこりうるもので、差別は侮蔑してはいけないということですね。
また、このEDは意外なことが原因であることがしばしばです。

まず、最も多いのは加齢による精力減退と前立腺機能の低下です。
人間は加齢とともに勃起に欠かせない栄養素の生産が低下します。前立腺もホルモンバランスの変化で肥大したり炎症を起こしやすくなります。
このような原因で勃起不全になった場合、有効な手段はWHITEBLUEやサプリメント、男性ホルモンや成長ホルモンの分泌をうながす筋トレなどの無酸素運動がいいでしょう。

次に多いのがメンタル系の原因です。
多くはストレスによる抑鬱などですが、気づきにくいものとして自律神経の乱れがあります。
気分は落ち着いているのに勃起しない場合、交感神経と副交感神経の働きがおかしくなっていることがあります。
この場合、尿漏れなどの排尿障害も併発するので、精力剤の類を服用しても効果がありません。
医療機関での治療や、バランスのとれたライフスタイルをおくるといいでしょう。

精力低下にはとことん抗うべし

精力の低下は他人事ではありません。昨今は、40歳以上の2人に1人が精力低下に悩んでいるという統計もあります。しかし、その背景にあるのは男性自身の無頓着であり、問題解消には、まず意識改革が求められます。

この点は、女性と比較すると明確です。女性は昔から肌・髪・爪そのほか全身を美しく保つための方法を模索し、実践してきました。

対して、私たち男性はどうでしょう。精力は当然のように湧くもの、女体を前にすれば勝手に勃起するものであると、何の対策をせず歳を重ねてきました。その結果が、いまです。

悩む男性が減少しないのは、あまりに突然の能力低下に対する混乱と、羞恥心から打ち明けられない矜持が関係しているのではと言われます。

強壮剤や勃起薬を取り入れることは、決して恥ずかしいことではありません。然るべきところ(医療施設)で打ち明ければ、さらに的確に、問題解消の手立てを得られます。

また当サイトでも情報を公開しています。深くお悩みの方、いまこそ決起の時です!

多忙な40代は性へのエネルギーが滞りやすい

精力の低下は40代から始まります。

仕事・家庭がもっとも忙しい時期と重なるのは偶然ではありません。疲れが抜けきらない体、上下関係の摩擦から起こるストレス。場合によっては、この時期から肉親を介護が必要になります。

ストレスは精力の天敵です。いとも簡単にホルモンバランスを崩壊させ、性欲すら奪い去ることもあります。

また性欲はあれど体がついてこない・勃起はするが最中に萎える、そもそも勃起しなくなるなど、症状の現れ方は人それぞれ。根本から解消できれば万々歳ですが、何せ多忙な40代、そういかないのが現状です。

このような場合は、まず強壮剤から試しましょう。健康維持を目的としたサプリメントであるため、勃起剤のように急激な負担を掛けずに体全体の強化を行えます。

強壮剤では効果を実感できないほど精力低下している場合は、次にWHITEBLUEのような精力剤を試してください。返金に対応する商品も登場しており、択肢の幅は広いです。

それでも駄目だった場合は、バイアグラをはじめとする勃起薬が有効です。しかし強壮剤と異なり“医薬品”であるため、服用には注意が求められます。また効果はその場限りであり、持続しません。

余談ですが、バイアグラは狭心症の薬を研究する際に生まれた失敗作だったりします。血流に作用しますがホルモンには一切影響がなく、精子が増加することはありません。

なぜ、アルギニンを摂取しなくてはならないのか?

セックスというか、勃起不全の改善で必ず「これは重要」と言われる栄養素があります。
一つはミネラルの亜鉛、もう一つは必須アミノ酸のアルギニンです。
これは一体どういうことなのでしょうか?特にアルギニンは体内で分泌できるものです。お金を出してまで摂取する意味がわかりません。

人体の神秘ですが、年齢によって消費される栄養素と分泌、生成されるホルモンやアミノ酸が変化します。
たとえば、二十代は亜鉛や銅、鉄分といったミネラルを大量に消費する傾向にあり、その結果、筋肉や骨、血液になります。
よく、肉が食べたいということは若い証拠というのはこのためです。年齢に合った肉体を維持するために必要だからです。
逆に、中年期にさしかかると、それまで大量に消化していた栄養素が必要ではなくなります。魚や野菜中心の食生活になります。
いずれも自然なことではありますが、男性にとっては大問題があります。それは、壮年期に必要な栄養素が勃起や射精に大きく影響することです。

よく、性欲減退に亜鉛がいいと言われますが、確かに勃起機能を補助する有効なミネラルです。
しかし、勃起する以前にトリガーが必要です。性欲という名のトリガーが。
この性欲を脳内で作り出すのものの一つがアルギニンです。

そもそも、アルギニンは体内で分泌、生成されるものですが、二十代後半から減少の一途をたどります。
なので、以前と変わらない性欲や食欲を維持したい場合、サプリメントや精力剤で摂取する必要があるのです。

たった一手間で精力剤の効果倍増!

EDや性欲の減退を改善するためにWHITEBLUEを購入する男性が目立ちます。
まあ、確かにそれはとても有効なことなのですが、そもそも精力剤は病後の回復や加齢による体力低下を補助するためのものです。
なので、飲めばすぐ勃起しはるか彼方に精液を飛ばすことができるかというとそうではありません。
もし、勃起力を高め、硬いペニスと大量の精液を手に入れたいというのであれば精力剤の摂取にも一手間の工夫が必要です。

加齢による勃起障害の原因の多くは、肉体の老化にあります。
当たり前のことですが、同い年でも長年体を運動してきた人と、中学生の頃からひきこもってゲームばかりしていた人とでは衰え方が違います。
かたやハーフマラソンくらいは走れ、かたや腕立て伏せを五回もできないという違い。
どうしてこのような違いが生まれるかというと、成長ホルモンの分泌を手助けする栄養素の吸収率にあります。

一年中、アダルト動画を見ながらオナホールでオナっている人が、どれだけ強力な精力剤を飲んでみたところであまり効果はありません。
毎日10kmはジョギングし、ジムでガンガン筋肉を肥大させている人は筋肉の成長と勃起力を高めようという本能から、たった一本の精力剤でもギンギンになるだけの吸収力を発揮するのです。

Copyright© 2010 WHITEBLUEが人気の理由について All Rights Reserved.